床材における複合フローリングのメリット

日本家屋の床材と言えば長らく畳が主流でした。
普通の居室は畳で、板場が少しある程度だったかもしれません。
今は畳がかなり少なくなってフローリングが一般的になっています。
フローリングの良さとしては手入れのしやすさになるでしょう。
しかし長く使っていると板であるがゆえに反ってくる可能性があります。
一枚なら端の方だけが反るだけですが、何枚もの板を組み合わせるタイプだと組み合わせた部分から反ったりするのでガタガタになってしまいます。
フローリングの中には複合フローリングと呼ばれる床材があります。
こちらは2層以上の層を持つフローリングを差し、一層タイプのフローリングに比べると反りや膨張、伸縮などが起きにくいので同じ状態を長期間にわたって維持できるメリットがあります。
どうやって選択するかですが、マンションなどであれば選択しなくても通常は複合フローリングが多くなっているでしょう。
遮音タイプなどを後から選べたりもします。

各種床材、造作材ならウッドテック
住まいのプロとして、最適な床材をご用意

関連メニュー

更新情報のお知らせ

Copyright床材 All Rights Reserved.

床材