無垢材の床材のフローリングの魅力とは

よく知られているフローリングについては複合フローリングと呼ばれており、基板となっている合板上に化粧板を張り付けたものになります。
一方無垢材の床材を使ったフローリングは、単一木材より切り出した一枚の木材を活用することによって作られています。
張替えた直後の新たな形での木質も素晴らしいですが、歳月を乗り越えて変貌を遂げていくカラーや艶を楽しむことができるのも無垢材だからこその魅力です。
チークについては経年変化の典型的な樹種といえ、段々と飴色に変わり重厚感が大きくなっていきます。
一生ものということで無垢材の経年変化をエンジョイすると愛着も湧くといえます。
この他には、床材そのものに調湿作用があります。
自然素材の無垢材については、複合フローリングにない調湿効果が認められることもアドバンテージです。
部屋の湿度により空気の中の水分を吸放出して、一定のレベルにキープしようとします。
古い木造家屋が、蒸し蒸しした国内の夏のシーズンをエアコンなしでも過ごせたことも合点が行きます。

Copyright床材 All Rights Reserved.

床材