無垢材の床材のフローリング利用の留意点

無垢材の床材のフローリングはメリットがありますが、床材が自然素材のためデメリットもあります。
ウィークポイントとして、膨張と収縮があります。
無垢材のアドバンテージとして調湿効果がありますが、水分自体を吸放出することを通じて木については膨張及び収縮を招きます。
このことによってフローリングにおいて隙間並びに反りが発現することが無垢材のウィークポイントと言えます。
しかしながら施工する時に色々な手段を講じることで、こういったトラブルを最低限に抑えることができます。
木材に関しては含水率が30パーセントをオーバーすると収縮し易くなってしまいます。
木材については国内の一般的な気温20度それから、湿度65パーセントの状態に置いておくと、含水率が12パーセント前後に安定します。
このことを平衡含水率といいます。
無垢材フローリングについては湿度変化の状況の下で、平衡含水率を10~14パーセントにキープすることが最適です。
無垢材を選択するときには含水率12パーセント以下のフローリング材をセレクトし、現実に替える部屋に数日置くことを通じて、その周辺環境に適応し平衡含水率が落ち着きを取り戻します。

Copyright床材 All Rights Reserved.

床材