無垢材の床材でフローリングにするメリット

建売住宅もしくはマンションには依然として採用のケースがあまり多くない無垢材フローリングですが、こだわりのあるリフォームにおいては無垢材の床材を選択する人も多くなってきました。
無垢材フローリングに関してはメリットがあります。
メリットのひとつとして、本物の木質感があることがあげられます。
何はともあれ無垢材フローリングについては、正真正銘の木質がすばらしいです。
複合フローリングのデザイン性が高くなっているとは雖も、木の断面そのものがそのままフローリングとなっている無垢材の床材のクオリティーには及びません。
無垢材においては多種多様な木が利用されます。
樹種によりましてカラーや柄も違いますが、丸太状態からの切り方であっても、柾目挽きと板目挽きの状態で模様が違ってきます。
樹心から年輪に対しまして垂直に挽いた物が柾目それから、丸太を上から見ると平行に板状に挽いた物が板目になります。
柾目については板目に比べて一本の丸太から挽ける数が多くないので値段も高くなります。

Copyright床材 All Rights Reserved.

床材